ウォーキングは、体脂肪を減らすには、一番の運動と言われます。

しかし、思うように脂肪が落ちない!

そう実感されている方は多いでしょう。

ではなぜ、体脂肪を減らすために一番効率のいい運動をしているのに、脂肪の減少を実感できないのでしょうか?

そこで、ウォーキングをしてもポッコリ下腹はへこまない噂は本当なのかについてお話します。


<目次>

・なぜ、ウォーキングしてもポッコリ下腹がへこまないのか?

・ポッコリ下腹がへこませる!ウォーキングのやり方!

・ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

なぜ、ウォーキングしてもポッコリ下腹がへこまないのか?

よく、1日8,000歩ウォーキングしなさいといいますが、8,000歩ウォーキングするには、1時間休まずに歩き続けないといけません。

また、歩き方にしても、呼吸法を取り入れ、視線はまっすぐ前を見る、肩に余計な力を入れずにリラックスする、ヒジを曲げて引き、体より前に出さない、骨盤は前に出た骨盤に体重を乗せるようにイメージして歩くなど、歩き方に関しても正しいやり方が必要なのです。

では、どれだけの人が、毎日1時間休まず、正しい歩き方でウォーキングしているでしょか?

多分、2割もいないでしょう。

ですから、多くの方のウォーキングでは、簡単にポッコリ下腹がへこまないのです。

では次の項で、ウォーキングでポッコリ下腹をへこますやり方のついてお話します。

ポッコリ下腹がへこませる!ウォーキングのやり方!

では、ポッコリ下腹がへこませる!ウォーキングのやり方についてお話します。

歩き方は前項で説明したように、呼吸法と歩く姿勢が大切です。

正しい歩き方の動画
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

動画で説明しているように、猫背にならないようアゴを少し引いて、頭部を糸で引っ張れれる感覚で、背筋を伸ばして歩きましょう。

ダラダラとかかとを擦りながら歩いても、効果はでません。

また、体脂肪を減らすというのは、摂りいれたエネルギー以上に運動が必要です。

摂りいれたエネルギーから放出するエネルギーを引いたものが、マイナスにならないと、体脂肪は減っていかないのです。

ウォーキングを毎日欠かさず2時間やっているといっても、それ以上に、体にエネルギーを摂りいれていては、体脂肪は減りません。

食生活と運動の両輪がバランスよく整って、体脂肪が減っていくのです。

食生活に関しては、糖質を少なめにして、エネルギーを燃やすタンパク質(アミノ酸)を摂ることが良いとされています。

基本は、バランスの良い食事を心がけることが一番です。

また、食生活に時間を割けないという方は、サプリメントの活用も有効です。

次の項では、ぽっこり下腹をへこますなら!オススメこのサプリを紹介します。

ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

ぽっこり下腹をへこますには、運動+食生活+脂肪の燃焼を助けるサプリメントの3つを上手く兼ね合わせることが大切です。

そこで、脂肪の燃焼を助けるサプリメントとしてオススメなのが、機能性表示食品「シボヘール」です。

機能性表示食品「シボヘール」は、葛の花由来イソフラボンが配合されています。

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制し、また、脂肪の分解を促進します。

分解され脂肪酸なった体脂肪は、褐色脂肪細胞において燃焼されます。

その、褐色脂肪細胞の働きをサポートし、脂肪の燃焼を助けてくれるのです。

もっと詳しく「シボヘール」について知りたいなら!

こちら→「なぜ下腹をへこますのに機能性表示食品「シボヘール」が選ばれるのか?」





このページの先頭へ