ヨガって難しくてできない?

そんなことはありません。

筋トレが辛い!ウォーキングやランニングが続かない!そんな方に向いているのがヨガなのです。

すきま時間や、寝る前に簡単にできるのがヨガ!

ぽっこり下腹をへこますためのヨガについてお話します。


<目次>

・なぜ、ポッコリ下腹をへこますのにヨガが良いのか!

・ポッコリ下腹をへこませる!簡単なヨガのポーズのやり方!

・ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

なぜ、ポッコリ下腹をへこますのにヨガが良いのか!

なぜ、ポッコリ下腹をへこますのにヨガが良いのでしょうか?

それは、ヨガはインナーマッスルを鍛えることができるからです。

インナーマッスルって…。

インナーマッスルは、体の最深部にある筋肉のことです。

普段の運動では、鍛えにくい筋肉なのです。

この筋肉を鍛えることで、姿勢が良くなり、骨盤や内臓が定位置に戻り、自然に下腹がへこむのです。

また、インナーマッスルを鍛えると、新陳代謝がよくなり、脂肪の燃焼がよくなり、普段食べている量でも、太りにくい体質に変るのです。

では次に項で、ポッコリ下腹をへこます、ヨガポーズのやり方のついてお話します。

ポッコリ下腹がへこませる!簡単なヨガのポーズのやり方!

では、ポッコリ下腹をへこませる、ヨガポーズのやり方についてお話します。

まずは、コブラのポーズです。

このポーズは、お腹を引き締めるのと同時に、猫背改善の効果もあります。

コブラのポーズの動画
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

①うつ伏せに寝転びます。

②寝転んだまま、両手を体の横に置きます。

③肘を後ろに引いて、上体を起こします。

④息を吐きながらゆっくりと体を下ろす。

⑤息を吸いながら背筋を長く伸ばし、胸を天井に向かって引き上げる。

⑥息を吐きながらゆっくりと体を下ろす。

1日5分程度でできるヨガポーズです。

すきま時間や、寝る前にやってください。

 

次にねじりのポーズです。

このポーズは、腹斜筋に働きかけ、綺麗なくびれを作ります。

体をねじる事によって内臓を元の位置に戻し、動きを活発にしてくれます。

ねじりのポーズの動画
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

①まずは足を伸ばし、長座で座ります。

②片方の膝を立てて曲げ、伸ばしている足の外側に足裏を置きます。

③曲げて寝かしている足側の手を、立てている膝の外側におきます。

④息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら体を後ろにねじります。

⑤息を吸って正面を向き、吐いて手足を解放します。

この2つのヨガポーズを毎日続けるだけで、ポッコリ下腹がへこませるのです。

 

さらに効果に、ポッコリ下腹がへこませるには、食生活の見直しがポイントです。

糖質を少なめにして、エネルギーを燃やすタンパク質(アミノ酸)を摂ることがいいでしょう。。

また、食生活に時間を割けないという方は、サプリメントの活用も有効です。

次の項では、ぽっこり下腹をへこますなら!オススメこのサプリを紹介します。

ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

ぽっこり下腹をへこますには、ヨガ+食生活+脂肪の燃焼を助けるサプリメントの3つを上手く兼ね合わせることが大切です。

そこで、脂肪の燃焼を助けるサプリメントとしてオススメなのが、機能性表示食品「シボヘール」です。

機能性表示食品「シボヘール」は、葛の花由来イソフラボンが配合されています。

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制し、また、脂肪の分解を促進します。

分解され脂肪酸なった体脂肪は、褐色脂肪細胞において燃焼されます。

その、褐色脂肪細胞の働きをサポートし、脂肪の燃焼を助けてくれるのです。

もっと詳しく「シボヘール」について知りたいなら!

こちら→「なぜ下腹をへこますのに機能性表示食品「シボヘール」が選ばれるのか?」





このページの先頭へ