下腹のポッコリは、筋トレをしたってなかなか落ちないですよね。

ぽっこり下腹は、内臓脂肪や皮下脂肪です。

だから、いくら筋トレをしても、脂肪は筋肉ならないので、ぽっこり下腹がペタンコになることはないのです。
下腹をペタンコにするには、脂肪を燃やさないと駄目なんです。

そこで、ぽっこり下腹をペタンコにする、脂肪を燃やす食べ物についてお話します。


<目次>

・ぽっこり下腹がペタンコにする食べ物とは?

・ぽっこり下腹にNGな食べ物とは?

・ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

ぽっこり下腹がペタンコにする食べ物とは?

ぽっこり下腹がペタンコにする食べ物ですが、まず、ポイントとして炭水化物の主食から、タンパク質の主食に変えることです。

簡単に言えば、ご飯やパンなどの主食を減らし、おかずをメインに食べることです。

割合としては、ご飯やパンなどの主食を3割、おかずを7割の割合の食事にすることです。

まずは、ここから始めましょう。

これだけでも、かなり脂肪は落ちてきます。

さらに、脂肪を落としていくなら、DHA・EPAが内臓脂肪を落としてくれます。

DHA・EPAはイワシやアジ、サバなどのヒカリモノの魚に多く含まれています。

また、緑茶を飲んだり、ビタミン・ミネラルをしっかりとること。

ビタミン・ミネラルの補給には、アボガドがオススメです。

では、食べれば駄目なものは何でしょう。

次の項で、ぽっこり下腹にNGな食べ物についてお話します。

ぽっこり下腹にNGな食べ物とは?

ぽっこり下腹にNGな食べ物といえば、先程からも言っていますが、炭水化物です。

お腹の出ている人の多くは、ご飯好きの方が多いようです。

ご飯を食べないと腹持ちがしないといって、炭水化物のお米をお腹いっぱい食べるのです。

これでは、ぽっこり下腹になるばかりで、なかなか改善できません。

さらに、麺好きな人も駄目ですね。

うどんや、ラーメン、パスタといった糖質の多い食べ物もNGです。

言ううまでもなく、から揚げやとんかつなどの『揚げ物』もNG、スナック菓子やレトルト食品もできるだけ控えましょう。

しかし、どうしても我慢できない人は、脂肪を燃やしてくれるサプリメントの活用をオススメします。

ぽっこり下腹にNGなものを食べても、脂肪を燃やしてくれるサプリメントで、脂肪燃焼を活発し、少しでも体の中に残らないように心がけましょう。

次の項では、ぽっこり下腹をへこますなら!オススメこのサプリを紹介します。

ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

炭水化物のご飯やパン類、麺類などがどうしてもやめられない方は、脂肪を燃やし脂肪燃焼を活発にしてくれるサプリメントを活用することです。

そこで、脂肪の燃焼を助けるサプリメントとしてオススメなのが、機能性表示食品「シボヘール」です。

機能性表示食品「シボヘール」は、葛の花由来イソフラボンが配合されています。

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制し、また、脂肪の分解を促進します。

分解され脂肪酸なった体脂肪は、褐色脂肪細胞において燃焼されます。

その、褐色脂肪細胞の働きをサポートし、脂肪の燃焼を助けてくれるのです。

もっと詳しく「シボヘール」について知りたいなら!

こちら→「なぜ下腹をへこますのに機能性表示食品「シボヘール」が選ばれるのか?」





このページの先頭へ