ぽっこり下腹をへこますには、食生活がもっとも重要です。

食生活では、摂取エネルギー量を減らすことが大切で、要は食べ過ぎないことです。

一日3食、規則正しく食べ、栄養のバランスが偏らない食事をしましょう。

そこで、ぽっこり下腹をへこます効果のあるレシピをいくつか紹介します。


<目次>

・ぽっこり下腹をへこます!鶏ハラミサラダ!!

・ぽっこり下腹対策!梅と青紫蘇のカッパ巻き!!

・メタボ対策!豚肉と野菜のピリ辛煮!!

・ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

ぽっこり下腹をへこます!鶏ハラミサラダ!!

ジューシーでカロリーが低いハラミを使うことによって食べ応えアップ!お皿いっぱいのサラダ、コスパもいいですよ。

■材料(4人前)
・鶏ハラミ:300g
・もやし:2袋
・レタス:1/2個
・オリーブオイル(炒め用):大さじ1
・黒コショウ:少々
・パセリ(飾り用):適量
・ポン酢:適量
・マヨネーズ:お好みで

■作り方
1.もやしをさっと湯がいて、冷ましておく。

2.レタスを洗い、もやしと共にお皿に盛り付けておく。

3.フライパンにオリーブオイルを温め、鶏ハラミがくるんとなるまで炒め、最後に黒コショウをふる。

4.お皿に盛りつけてあった野菜の上に、焼いた鶏ハラミを乗せ、飾り用パセリをふる。

※食べる直前にポン酢、マヨネーズをかける。

■作るコツ・ポイント
もやしとレタスのシャキシャキ感、鶏ハラミのコリコリ感が美味しいです。たっぷりめのパセリでビタミンアップです!

ぽっこり下腹対策!梅と青紫蘇のカッパ巻き!!

梅で塩気は調節。まるごとキュウリで食べごたえ有り、ダイエットにも(^o^)v楽チンだけど紫蘇のおかげで風味も!

■材料
・ご飯お茶碗:1杯位
・きゅうり:1本
・青じそ:4枚
・練り梅(チューブ):適量
・焼きのり:1枚

■作り方
1.きゅうりは板摺。青じそは1枚ずつ洗う。どちらもキッチンペーパーで水気をとる。

2.巻きすの上に、海苔、薄く伸ばしたご飯、梅干し、青じそ、きゅうりの順にのせ、巻く。

■作るコツ・ポイント
ごはんは少なめで大丈夫。薄く伸ばして、キュウリまるごとなので、ゴロンと転がせば案外簡単に巻けます。冷やごはんだと伸ばし辛いけど、熱々だと海苔が湿気るのでほどほどで。梅の量で塩気の調節ができます。

メタボ対策!豚肉と野菜のピリ辛煮!!

脱!メタボには大豆は強い見方。私の旦那様も大豆君と野菜のお陰でメタボから脱出できました!

■材料(6人前)
・豚ヒレ肉:150g
・ごぼう:2本
・板こんにゃく:1枚
・干ししいたけ:3枚
・水煮大豆:180g(1パック)
・人参:1本
・生姜:1かけ
・油 大:1
・料理酒:1/4カップ
・砂糖大:1
・塩小:1/2
・醤油大:2
・みりん:大1
・豆板醤:少々(お好みの量)
・だしパック:1パック
・インゲン(冷凍):飾りでお好みの量

■作り方
1.板こんにゃくは手で一口大にちぎり、熱湯で軽く茹でる。干ししいたけ、人参、ごぼう、豚肉は一口大に切る。

2.生姜をおろし、一口大に切った豚肉と大さじ1杯の料理酒と醤油に5分間漬け込む。

3.厚手の鍋に油を熱し、2の豚肉を表面に軽く焼き色が付くまで炒め、別容器に取り出す。

4.3の鍋に下処理をした野菜を移し、軽く炒め、だしパック、料理酒を入れて10分ほど強火で煮る。

5.4に水煮大豆、3の豚肉を加えてアクをすくいながら、5分ほど中火で煮る。その後、砂糖、塩、みりんを加えて煮る。

6.具材に火が通ったら、醤油(大1)、豆板醤(お好みの量)を加えて汁が少なくなるまで煮る。

7.容器に盛り付けて、お好みで彩りにインゲンを飾る。

■作るコツ・ポイント
豚肉を炒めた後に別容器に移す事で、火が通り過ぎて硬くなるのを防ぎます。かなり薄味に仕上がるので、濃い味好みの方は調味料を若干量、増やしてください。野菜たっぷりだから、一食150kcal以下。ダイエットには一押しです。

ぽっこり下腹をへこますなら!このサプリがオススメ!!

ぽっこり下腹をへこますには、運動+食生活+脂肪の燃焼を助けるサプリメントの3つを上手く兼ね合わせることが大切です。

そこで、脂肪の燃焼を助けるサプリメントとしてオススメなのが、機能性表示食品「シボヘール」です。

機能性表示食品「シボヘール」は、葛の花由来イソフラボンが配合されています。

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制し、また、脂肪の分解を促進します。

分解され脂肪酸なった体脂肪は、褐色脂肪細胞において燃焼されます。

その、褐色脂肪細胞の働きをサポートし、脂肪の燃焼を助けてくれるのです。

もっと詳しく「シボヘール」について知りたいなら!

こちら→「なぜ下腹をへこますのに機能性表示食品「シボヘール」が選ばれるのか?」





このページの先頭へ